シリーズ糖尿病

  • diabetes

    ストレスと糖尿病 〜ストレスで血糖は上がるのか?〜(シリーズ糖尿病51)2021年3月26日(金)行徳新聞

    2型糖尿病はいわゆる生活習慣病ですから、治療には内服、注射といった薬物療法に加えて食事療法、運動療法、禁煙、節酒といったセルフケア行動が必須になります。患者さんは治療を医療者まかせには出来ず、自分の生活を律し続けていかなければならないというストレスがあります。さらに合併症がある場合、その症状によるストレスがありますし、また仕事、家庭での社会的ストレスが血糖コントロールを悪化させる場合もありましょう。

    ストレスが長く続けば、うつ病(うつ状態)にもなりやすい。ストレス、うつが続くことでカテコラミン、糖質コルチコイドという“ストレスホルモン”の分泌が亢進し、それらがインスリンの働きを悪くすることで血糖が上がり、一方で内臓脂肪蓄積、遊離脂肪酸の増加をおこします。また、ストレスに対処する行動(コーピング)として過食や多量飲酒、喫煙が増えれば、食事・運動療法を乱しさらに悪化させます。

    ストレスに対処するためには、バランスの良いライフスタイルとリラクゼーション法を身につけることが肝要です。食事、飲酒は手っ取り早いストレス解消法ですが過量にならぬよう注意すべきです。適度な運動はストレス解消になるとともに減量、血糖低下にも大変有効です。寝不足もストレスとなりますが、20分程度の仮眠を取るだけでも有効とされます。瞑想、禅、ヨガ、気功、太極拳などもリラクゼーション効果があります。

    2021.05.12

  • diabetes

    行徳新聞 ストレスと糖尿病  〜ストレスで血糖は上がるのか?〜

    2型糖尿病はいわゆる生活習慣病ですから、治療には内服、注射といった薬物療法に加えて食事療法、運動療法、禁煙、節酒といったセルフケア行動が必須になります。患者さんは治療を医療者まかせには出来ず、自分の生活を律し続けていかなければならないというストレスがあります。さらに合併症がある場合、その症状によるストレスがありますし、また仕事、家庭での社会的ストレスが血糖コントロールを悪化させる場合もありましょう。

    ストレスが長く続くとうつ病(うつ状態)になりやすい。ストレス、うつが続くことでカテコラミン、糖質コルチコイドという“ストレスホルモン”の分泌が亢進し、それらがインスリンの働きを悪くすることで血糖が上がり、一方内臓脂肪蓄積、遊離脂肪酸の増加をおこします。また、ストレスに対処する行動(コーピング)として過食や多量飲酒、喫煙が増えれば食事・運動療法を乱すことでさらに悪化させます。

    ストレスに対処するためにはバランスの良いライフスタイルとリラクゼーション法を身につけることが肝要とされます。食事、飲酒は手っ取り早いストレス解消法ですが過量にならぬよう注意すべき。適度な運動はストレス解消になるとともに減量、血糖低下にも大変有効です。寝不足もストレスとなりますが、20分程度の仮眠を取るだけでも有効とされます。瞑想、禅、ヨガ、気功、太極拳などもリラクゼーション効果があります。

    2021.05.12

  • diabetes

    新型コロナウイルス禍における糖尿病コントロール  〜血糖コントロールは?〜(シリーズ「糖尿病㊾)2020年11月27日(金)行徳新聞

    新型コロナウイルス感染が再び増えてきています。従来の風邪やインフルエンザと違い、感染して症状が現れ体調が悪くなる1日以上前に感染力が最も高くなることもあって予防しにくいです。

    糖尿病の人は重症化しやすいと言われます。糖尿病でコントロールが悪ければ、感染に対する身体の抵抗力、免疫能が落ちますから、感染症にかかりやすく重症化しやすいことは確かです。ただし、年齢によらず血糖コントロールが良好であれば、新型コロナによる合併症のリスクが高まることはないとの報告もあります。HbA1cが適度に保たれていれば、重症化のリスクは糖尿病でない人と同程度ということです。

    感染予防のためにも普段から良好な血糖コントロールを保っておくことが大事で、そのためには飲み薬やインスリンを中断しないこと、定期的な検査を怠らないこと。また、外出を自粛する結果、活動量の低下のみならず社会的な孤立もすすみやすくなる。そのためには、動かない時間を減らし、自宅でも出来るちょっとした運動を取り入れることも必要。

    しかし、重症化リスクの高い人にとって最も重要なことは何よりも感染しないこと。①マスクを着用し、②こまめに手を洗い、③手で触れる共有部分を消毒し、④換気をし、⑤身体的距離を保ち、⑥人混みを避ける、ことを守りましょう。

    2021.02.05

  • diabetes

    腸内細菌のバランス  〜メタボリックシンドロームを予防、改善?〜(シリーズ「糖尿病㊿)2021年1月21日(金)行徳新聞

    ヒトの腸内には100兆個以上の細菌が生息しており人間と共生関係にあります。近年これら腸内細菌が人間に色々な働きがけをしていて、様々な病気と関係することが分かって来ました。

    腸内細菌の集まり(腸内フローラと言います)には善玉菌、悪玉菌、日和見菌があり、そのバランスが崩れることが様々な病気に関連すると言われます。食習慣がこのバランスに最も影響し、米を中心とした低脂肪、高食物繊維の和食を食べている人は、肉を中心とした高脂肪、高蛋白の洋食ばかり食べている人より便中の善玉菌が多く悪玉菌が少なかったという報告があります。また腸内細菌のバランスが肥満に影響するという報告もありました。

    インスリンの働きが悪くなり動脈硬化を引き起こすとされるメタボリックシンドロームも腸内細菌のバランスが影響するという報告もあります。腸内細菌やそれが産生する毒素(エンドトキシン)は通常腸管の壁でブロックされて血液中に入れませんが、腸内細菌のバランス異常によりこのバリアが壊れ、血中に入り全身に運ばれインスリンが働く臓器(肝臓、筋肉、脂肪組織)で慢性炎症を起こすことでインスリンの働きが悪くなり、将来メタボになるという話です。

    腸内環境を整えるには日々の食事が最も重要で、食物繊維を多く摂る、プロバイオティクス(ヨーグルトや乳酸菌飲料)やプレバイオティクス(オリゴ糖、一部の食物繊維など)摂取も推奨されます。

     

    2021.02.05

  • diabetes

    1型糖尿病とは? 〜2型糖尿病との違いは?〜(シリーズ「糖尿病㊽)2020年9月25日(金)行徳新聞

    糖尿病には大きく分けて1型と2型があります。(その他の型もありますが少数です。)1型糖尿病では身体からのインスリン分泌がほぼゼロとなり(インスリンの絶対的欠乏)、生きてゆくためにはインスリン注射が不可欠な状態(インスリン依存)になっています。インスリンを分泌する膵臓のβ細胞が何らかの原因によって破壊されインスリンが出なくなり発症します。この原因は、自己免疫(自分の身体に対するアレルギーの一種)であることが多いのですが原因がわからないもの(特発性)もあります。

    1型糖尿病は、膵臓のインスリンを出す細胞だけが無くなってしまうことで起こる病気ですので、2型糖尿病のような生活習慣病とは異なり、肥満とは関係ありません。また2型糖尿病のような遺伝傾向も多くありません。

    1型糖尿病の方は我が国の糖尿病患者の5%以内ですので、それ以外の大半の方は2型糖尿病になります。2型は遺伝傾向が強く、肥満や生活習慣がその発症や悪化に強く関係します。2型糖尿病ではインスリン分泌の状態は様々であり、ほとんど低下していない方から、種々の段階に低下している方、中にはインスリン依存に近い状態の方までおられます。そして、その程度に応じて食事療法だけ、内服薬、インスリン治療と治療法も変わってくるのです。

    2020.10.01

  • diabetes

    糖尿病と感染症 〜積極的な手洗いで接触感染の防止!〜(シリーズ「糖尿病㊺)2020年3月19日(金)行徳新聞

    糖尿病の方で血糖コントロールが悪いと、細菌、ウイルス、真菌(カビ)に対する抵抗力が弱くなり、インフルエンザ、結核など感染症全般にかかりやすくなります。血糖値が高いと、白血球による殺菌能が低下したり、免疫に関わる細胞の働きが低下し、病原菌と十分に戦えなくなるからです。

    この対策としては、良好な血糖コントロールを保つことが必要になります。また体の抵抗力をつけておくことも大切で、そのためには、血糖コントロールに加え、適度な運動、バランスのとれた食事、良質の睡眠等が大事になります。

    今、懸念となっている新型コロナウイルスの感染経路としては、(咳から直接うつる)飛沫感染、接触感染、エアロゾル感染(空気感染?、定期的な換気が有効)などが言われていますが、一番重要なのが「接触感染」です。不特定多数の人が触った場所(ドアノブ、手すり、電気などのスイッチ、電車の吊り皮など)を無意識に触ってしまった指で、うっかり自分の顔を触ってしまうことで感染します。眼、鼻、口の粘膜から感染するようです。

    だから、定期的に手洗いすることが大事なのです。何か触ったらすぐに手洗い、外でどこか触ったらすぐに手洗いを。たとえアルコール消毒が無くても、石鹸で手洗いです!

    2020.09.15

  • diabetes

    新型コロナに負けるな!(シリーズ「糖尿病㊻)2020年5月22日(金)行徳新聞

    新型コロナウイルス感染を恐れる日々ですね。4月7日に緊急事態宣言が発令されて一ヶ月以上経ちますが、さすがに新規感染者数は減って来ました。そりゃそうです。ここまで皆頑張っているのに減らなければ嘘です。ただ、解除されて一気に緩めば第二波が来かねません。まだまだ終息は先のようです。この環境とうまく付き合えるよう今後は生活を変えないといけません。

    外出時はマスクをして自分の手(指)で顔を触らないようにしましょう。指先にウイルスがついても顔を触らなければ大丈夫。帰宅したらまずは石鹸で手洗い。石鹸に含まれる界面活性剤は高濃度(50%以上)アルコールとともに新型コロナウイルス抑制にとても有効であることが北里研究所の研究で示されました(今回は花王製品のみ)。両手指を中心に両手全体を30秒しっかり洗えば、家の中のものを自由に触っても大丈夫。

    仕事もテレワークとなりジムもお休み、運動不足で体重が増えてしまっている方も多いと思います。家での運動、踏み台昇降はいかがでしょう。意外にきつく息も上がりますので、まずは楽なところから。いきなり無理は禁物です。

    やはりウォーキングができればベスト。マスクをして人混みを避ければ外出しても良いと思います。その場合ソーシャル・ディスタンスに注意してお互いの距離が2m以内に近づかないようにしましょう。

    2020.09.15

  • diabetes

    体重を減らす糖尿病薬  〜でも、減量だけを目的に使うのは如何なものか?〜(シリーズ「糖尿病㊼)2020年7月24日(金)行徳新聞

    糖尿病の薬には、飲み薬(内服薬)と注射薬があります。糖尿病の薬ですから血糖値を下げ正常に近づけることが目標ですが、副次的な効果もあり、体重を増やすもの、減らすもの、どちらでもないものがあります。体重が減らなくて困っている方にとっては、血糖を下げると同時に体重も減らすものがあればベストですね。

    古くはメトホルミン、炭水化物の消化吸収を遅らせるのむ薬(α−グルコシダーゼ阻害薬)がそれでしたが、体重減少効果はあっても軽度でした。しかし、近年血液中の糖(血糖)を尿中に持続的に捨てる薬(SGLT2阻害薬)が出てきて、これは平均で体重を3kgくらい低下させます。血糖低下だけでなく減量も出来るので2型糖尿病に併発しやすい高血圧、脂質異常症、脂肪肝も改善します。さらに心血管病、腎臓病を併発している方の予後も大幅に改善することが分かって来ました。

    注射薬であるGLP-1受容体作動薬(ビクトーザ、トルリシティなど)にも同様の効果が示されましたので、特に心臓病や腎臓病を併発している2型糖尿病の方には、これらSGLT2阻害薬、GLP-1受容体作動薬を積極的に使うよう欧米では推奨されています。GLP-1受容体作動薬は胃の動きを抑えるので、使い始めに気持ち悪くなることがありますが、うまく使えば食欲を落とし減量効果も期待できるでしょう。

    2020.09.15

  • diabetes

    これから頑張ればよいのです! ~糖尿病コントロールの季節変動〜(シリーズ「糖尿病」㊹)2020年1月24日(金)行徳新聞

    今月はHbA1cが上がってしまった方も多いのではないでしょうか。まあ、仕方ありません。そういう時期です。1月は暦の上でも小寒、大寒があり、これからまだまだ寒くなります。寒ければ汗をかきにくく、それだけで代謝は落ちます。その結果、インスリンの効きが悪くなり血糖が下がりにくくなる。

    一方、寒いと体重が増えやすくなる。体重が増えればそれだけで血圧が上がる、血糖も上がる。内臓脂肪の蓄積も増えるのでメタボとなり、肝臓の細胞の中に脂肪が溜まれば、いわゆる脂肪肝(脂肪性肝炎)にもなります。脂肪肝といっても馬鹿に出来ません。中にはNASH(ナッシュ)という悪性の脂肪肝があり、その場合肝硬変へ移行するからです。

    今月の悪化の原因は、年末年始、お正月の後だったということもありましょう。この時期はイベントも多く、寒さと相まって暴飲暴食、運動不足に陥りやすいからです。生活習慣病の治療は生涯続くことも多い。先は長いのですから、一喜一憂せずゆったり構えましょう。これから良くすれば良いのです。ちなみに、この時期悪化する方は、暖かくなると良くなる傾向があります。

     

    上記は、大分県日田市のグループからの報告(Diabetol Int 2013; 4: 173-178)です。

    夏に比べて冬のHbA1cの平均値が高くなっていることがわかります。

    2020.02.01

  • diabetes

    人生100年、筋量増やして健康寿命  〜サルコペニア? フレイル?〜(シリーズ「糖尿病」㊸)2019年11月22日(金)行徳新聞

    さる11月14日は世界糖尿病デーでした。今年の標語は「人生100年、筋量増やして健康寿命」でした。糖尿病治療の目標は血糖管理をよくすることで合併症の発症、進行を防ぎ、健康な人と変わらない寿命と生活の質を維持すること(健康寿命の確保)です。人生100年といわれる時代に突入し、高齢化の急速な進行と共に介護を必要とする高齢者が増えることが問題視されています。

    高齢になると糖尿病だけでなく、骨粗鬆症や整形外科疾患、心臓病、呼吸器疾患など様々な病気を発症しやすくなります。それらの結果、筋肉量が減りやすくなる(筋肉が減ること=サルコペニア)。筋力や身体機能が低下すれば日常生活にも支障をきたすようになり要介護へ移行しやすくなる(この状態をフレイルと言います)ので、それを防ぐための支援も必要になります。

    まず筋肉量を減らさないことが大事。痩せ過ぎれば筋肉量も減って来ます。65歳以上の高齢者は筋肉量が減るサルコペニアになる可能性を考えて、体重を下げすぎないことも大事。痩せないためにはまずカロリーを確保する。また蛋白質(肉魚、大豆食品)をきちんと摂る。和食の方でも卵、納豆を加えれば良いです。また糖質(炭水化物)制限は、高齢者ではカロリー不足に陥りやすい点で注意が必要です。

     

     

    11月14日「世界糖尿病デー」の啓蒙ポスター(2019年)

    この日は、1921年に世界で初めてインスリンを発見した一人である、カナダ(トロント)の外科医バンティングの誕生日です。

    2019.12.02

ご予約・ご相談はお気軽に
 
ご来院される全ての患者さんが相談しやすい雰囲気づくりを心がけ、適切なアドバイスを行うよう努めております。

047-306-7570