Month: 2020年2月

  • diabetes

    これから頑張ればよいのです! ~糖尿病コントロールの季節変動〜(シリーズ「糖尿病」㊹)2020年1月24日(金)行徳新聞

    今月はHbA1cが上がってしまった方も多いのではないでしょうか。まあ、仕方ありません。そういう時期です。1月は暦の上でも小寒、大寒があり、これからまだまだ寒くなります。寒ければ汗をかきにくく、それだけで代謝は落ちます。その結果、インスリンの効きが悪くなり血糖が下がりにくくなる。

    一方、寒いと体重が増えやすくなる。体重が増えればそれだけで血圧が上がる、血糖も上がる。内臓脂肪の蓄積も増えるのでメタボとなり、肝臓の細胞の中に脂肪が溜まれば、いわゆる脂肪肝(脂肪性肝炎)にもなります。脂肪肝といっても馬鹿に出来ません。中にはNASH(ナッシュ)という悪性の脂肪肝があり、その場合肝硬変へ移行するからです。

    今月の悪化の原因は、年末年始、お正月の後だったということもありましょう。この時期はイベントも多く、寒さと相まって暴飲暴食、運動不足に陥りやすいからです。生活習慣病の治療は生涯続くことも多い。先は長いのですから、一喜一憂せずゆったり構えましょう。これから良くすれば良いのです。ちなみに、この時期悪化する方は、暖かくなると良くなる傾向があります。

     

    上記は、大分県日田市のグループからの報告(Diabetol Int 2013; 4: 173-178)です。

    夏に比べて冬のHbA1cの平均値が高くなっていることがわかります。

    2020.02.01

ご予約・ご相談はお気軽に
 
ご来院される全ての患者さんが相談しやすい雰囲気づくりを心がけ、適切なアドバイスを行うよう努めております。

047-306-7570